グルテンフリー機内食ならアトピー ・アレルギーも安心

みんさん、こんにちは。

今年の夏はベトナムにバケーションに出かけてきました。基本的にはリゾートホテルに泊まって、午前はプールや海で泳ぐ、午後は昼食を兼ねて市内観光、夕方から泳いだりジムに行って、夜ご飯を食べて寝るというスタイルで過ごしました。

ベトナムの古都フエの海岸沿いにあるホテルに宿泊




日本では厳しくグルテンフリー、カゼインフリー、ラクトースフリーをアトピーやアレルギーのために守っている、海外に行く際にも現地の食事や機内での食事はとても気になるところです。

今回はANA(全日空)を使って成田とホーチミンを往復し、事前に機内食もグルテンフリーにしていたので、紹介しますね。

アトピーを必ず改善する食生活はグルテンフリー。始めたきっかけと2年間の効果。

2019.06.28

ANAのグルテンフリー機内食はおいしい

今回利用したのはNH833の成田発、ホーチミン行きのANA全日空機です。事前に座席を選択できるように機内食も選ぶことができます。特別機内食については出発の24時間前まで、ANAのウェブサイトや電話窓口で申し込みすることができます。私も座席指定と同時にウェブで申し込みをしました。

ANAでリクエストできる特別機内食の種類については以下のようなものがあります。

健康に配慮した食事

今回私がオーダーしたのはこの GFML(グルテンフリーミール) です。その他にも糖尿病の人向けの食事や、胃腸疾患の人向けの食事もあります。機内に入って着席するとフライトアテンダントの方がすぐにきて、間違いの無いように特別機内食であるステッカーを座席に貼ってくれます。

宗教対応の食事

特にイスラム教やヒンズー教などに代表される宗教対応の食事です。

最近では2018年より、アレルギー発症が多い年代の子供のためにも7品目アレルゲン対応食の用意があります。

実際のグルテンフリー機内食

こちらが成田から出発した後に出てきたグルテンフリー機内食です。特別食のため他の人より早くでてきくるので、子供からはセコイとのコメント。



メインディッシュ

実際のメニューは、米粉パン、サラダ、フルーツ、サーモンのマリネ、ご飯、ポテト、チキンソテーです。

この米粉パンが非常に美味しい!のです、多少はパサパサしていますが、イチジクの実が入っており、歯ごたえと甘さがあり、これだけでも買いたいレベルのグルテンフリーパンでした。

サラダとサーモンのマリネは通常の機内食にもついているもので、可もなく不可もなくの味でした。

メインディッシュのチキンソテーとポテト、ご飯については、チキン自体は美味しいのですが、、、味付けが全体的に薄いのです。余計なグルテンが含まれたソースを使わないということなのでしょうが、後から塩と胡椒を追加してしまいました。ご飯と人参などは普通に食べることができました。

おつまみもグルテンフリーに

最初の飲み物と一緒にでてくるおつまみですが、これもグルテンフリーのものとなります。これはとても嬉しいサービスでした!

以前のブログでまとめたように、このグルテンフリー機内食に白ワインなどのグルテンフリーのお酒を頼めば、選択肢の少ない機内でも快適なグルテンフリーグルメを楽しむことができます。

要注意:グルテンフリーのお酒やアルコールをまとめました。

2019.07.14

まとめ

いかがでしたでしょうか。もし海外へ行く機会があり夕食など機内食がでるフライトではぜひ特別機内食をオーダーしてみてください。機内や海外でもグルテンフリーやカゼイン・ラクトースフリーを守ることでアトピー やアレルギーを発症しない快適な旅を送ってください!